processingでアンパンマンを動かす

端に行ったら跳ね返るアンパンマン

今回はアンパンマンを作成し動かしてみます。

void display()でアンパンマンを描いていますが、動かしているのはmove()です。

float x = 30;
float y = 30;
float xspeed = 5;
float yspeed = 3;

void setup(){
  size(500,500);
}

void draw(){
  background(255);
  smooth();
  

  //モジュール化した関数を使う
  display();
  move();
  edges();
}


//ボールを表示する関数
void display(){
  fill(  244,164,96);
  noStroke();
  ellipse(x,y,50,50);
  fill(0);
  ellipse(x+8,y-10,5,5);
  ellipse(x-8,y-10,5,5);
  
  //鼻
  stroke(0);
  fill(233,100,100);
  ellipse(x,y,15,15);

  fill(233,100,100);
  arc( x+20, y, 20, 20, radians(90), radians(270) );
  arc( x-20, y, 20, 20, radians(270), radians(450) );  
  
  //口
  noFill();
  arc( x, y+10, 10, 10, radians(0), radians(180) );

  //眉毛
  arc( x+8, y-15, 5, 5, radians(180), radians(360));
  arc( x-8, y-15, 5, 5, radians(180), radians(360));
}

//アンパンマンを動かす関数
void move(){
  x += xspeed;
  y += yspeed;
}

//ボールを跳ね返らせる関数
void edges(){
  if(x > width-15 || x < 15){ xspeed *= -1; } if(y > height-15 || y < 15){
    yspeed *= -1;
  }
}

増やしたり出来たら面白そうですね